5月9日(火) 共謀罪ストップを!

写真 2日本の政治劣化が著しい。国会が国民の知る権利も担保出来ていない。今日の新聞に、閣議決定もどんどん軽くなっているとあった。写真は昨年参加した憲政記念館での婦人参政権の70年を記念したシンポジウムの時のもの。

経済的に、正規雇用者が減少し非正規雇用のパート、アルバイト、派遣、役所では任期付短時間勤務雇用などという非正規のカタチも出て来てくるような非正規何でもありの規制緩和が進められてきた。一つの仕事で充分に生活できるかがとても心許ない状況がつくられ、そして消費税増税ー豊かな中間層が崩されて来て二極化が進む中で、特定秘密保護法、安全保障関連法制が強行され、今度は共謀罪。

一定の厚い層として経済的にも比較的豊かな中間層がいて、日本の民主社会が形成され、政治的にも絶妙なバランス感覚が機能して来たと思う。それが崩されて来た2000年代始めの小泉政権下の市場経済原理主義の色濃くなった時も、3回上程されながら3回とも世論が廃案 にした共謀罪を今安倍政権がまた出してきた。

市民を取り締まりの対象にしようということも、刑法のあり方を根底から覆し、行為も事実も無いところで犯罪に問うことが出来るなど、絶対に認めてはならないと思う。

取り締まりや監視社会で暴力の連鎖(テロ)を無くすことは出来ない。貧困と孤立化を防ぐ政治と社会のあり方を目指していくところから暴力を排除して行けるはず。そっちで行きたいと本当に思う❗️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>