3月 19日(日) 神奈川新聞で連載開始!

写真本日の神奈川新聞1面です。神奈川新聞ががんばっています。厚木基地から岩国への空母艦載機移駐問題での連載記事の1回目。

岩国は、1954年に米海軍が、1956年からは海兵隊も移駐し、58年からは海兵隊が基地の主導権をとり、62年からは名称を「米海兵隊岩国航空基地」とした、と岩国市発行の資料にあります。

オスプレイが最初に岩国にみられたのが、2012年の7月。沖縄の普天間に配備するオスプレイ12機を岩国に陸揚げした、とあります。そして岩国から、10月に普天間に移動。2013年にも、同じく12機のオスプレイがまず岩国に陸揚げ、そこから普天間に移動。沖縄の普天間と岩国がセットになっていることがここでもわかります。普天間基地から、KC- 130空中給油機が移駐してきてもいます。

7.9㎢もの広大な基地面積を持つ岩国が、今後ますます要塞化していくことを、岩国の市民や隣接する、広島県廿日市市の市民など瀬戸内海周辺の市民が非常に危惧しています。現在の岩国市長は厚木基地からの移駐も容認し、国の基地交付金などの財源を確保すること、基地による経済活性化を進めようという立場です。

しかし、海軍と海兵隊の航空基地ですから、騒音問題は周辺の住民からの苦情にも苦慮しているようで、農耕、漁労の阻害という面もあり、臨海部を中心に騒音苦情地域は広がっている、と資料にも記載しています。海で生業を営む人々、観光を営む人、観光客、こうした地域に艦載機の移駐がはたしてどれほどの被害を及ぼしていくのか、想像するだけでなぜ移駐を認めるのか理解できません。

基地の容認が基地の強大化になり、軍人軍属や家族を含め、5700人を超える基地人口になっています。一方で、岩国に艦載機が移駐するからといって、米軍基地全体は縮小するどころか、ヘリコプターの訓練、飛行回数、時間の拡大など基地機能はますます強化していると思われます。オスプレイのヘリパッドが建設中の沖縄県東村高江、名護市辺野古沖、沖縄の基地の拡大もひどいもので、日本への沖縄復帰時に28000㌶からわずか5000㌶しか面積も削減していない状況が沖縄の人々をわじわじさせます。

岩国市への艦載機の移駐、受け入れは、日本全体での基地縮小に結局は逆行していくことになるのではないでしょうか。厚木基地の周辺に暮らす私たちは、基地を縮小させることを望むのであって、日本国内への移駐はやはり基地を拡大させることにつながる、と認識し、安易な移駐にはノーを表明していくべきと改めて思うのです。

米軍基地再編は、沖縄をはじめ、各地で移設、移駐を条件に進められてきています。70%を超える基地負担を押し付けられる沖縄の痛みを全国で分け合うべき、は日米安保条約の基地負担を前提にしての理屈としてはありますが、本来、安保条約の中身を見直すこと、地位協定を改めることなど含め、沖縄の基地撤去の行動を全国区にしていくことが実は今の日本に必要なことではないか、と思いを強くするのです。

 

3月16日(木) 岩国も沖縄も

写真写真 (2)米海兵隊岩国基地への空母艦載機の移駐に反対して行動されている、瀬戸内ネットの方が、Facebookで知らせてくれたのが、上の写真=中国新聞の記事です。岩国基地への空母艦載機部隊と、夜間離着陸訓練(NLP)に反対する意見書を、隣接する広島県の廿日市市議会が採択した、という記事です。

米海兵隊の岩国基地は山口県岩国市の海沿いに、航空基地としてつくられています。(下の写真) 意見書は艦載機移駐が進むと、岩国の基地が極東最大級の航空基地に変貌するとし、廿日市市でも騒音や墜落事故の危険性といっ他影響が「計り知れない」としています。そして「住民生活に多大な不安を強いることは市議会として断じて容認できない」としています。こうした決議は2回目だそうですが、やるねー廿日市市議会!!

25対3で意見書が可決された、という廿日市市は、広島の世界遺産、厳島神社のある宮島を有しています。岩国基地が航空基地として海に突き出るように作られており、ここに入ってくる戦闘機も宮島上空も含む、廿日市市や近隣の自治体上空を飛ぶことが想定されるのです。観光の島宮島にとっても、平和都市広島にとっても看過できないと思います。こうした決議が広がってほしいと思います。

オスプレイも目撃される岩国基地に、昨年行った際、とった写真ですが、その時に瀬戸内ネットの方たちともお話でき、案内もしていただきました。岩国基地が拡張され、強大な軍事基地として沖縄とともに海兵隊の拠点となっていることに改めて脅威を感じました。

私たちは岩国に神奈川の厚木基地から空母艦載機を移駐させることに同調してはいけない、と思います。

岩国と厚木も、沖縄県内の米軍基地の統合再編も、沖縄への基地の過重な負担押しつけも、市民への分断であり、基地全体は強化拡張されることになります。今日は夜、沖縄の高江のオスプレイヘリパッド建設について告発する、DVDも見てお話も聞く会もありました。沖縄も岩国も米軍基地をこれ以上作らせる必要はありません。分断されるのでなく、基地そのものを縮小させ、撤去させる、前向きにとりくみたいです。

11月 16日(水) もう12月議会ですが、地方自治も壊しかねないTPPストップを!

%e5%86%99%e7%9c%9f14日の東京地裁前です

%e5%86%99%e7%9c%9f-114日の月曜日、朝の駅頭を終えて、東京地裁の「TPP差し止め違憲訴訟」の会の第6回公判を傍聴に行きました。

裁判の傍聴は珍しくないのですが、東京地裁はだいぶ前に来たきりで、100名を超える傍聴者が集まっていて、103法廷は抽選ということで、整理券が配布されました。

上は地裁前、下が終わったあとの国会での報告集会です。

抽選で私も傍聴できたので、裁判のこと書いておきたいと思います。まず、のっけから、裁判長が交代し、今回から女性の裁判長になったということでした。しかし弁護団にも事前に知らせがなく、法廷が開かれ、裁判長が、この日予定されていた原告側の意見陳述を求めたのに対し、原告弁護団の弁護士は、「裁判長がかわったことをいきなり知らされた以上、まずは、民事訴訟法292条にのっとり更新手続きを別にとってこれまでの訴訟についてまとめの陳述することが先」と主張しました。

ここで、何度かやりとりがあり、国側の被告側弁護士が「こちらは更新手続きは住んでいる」と考えるという発言もありましたが、最終的に、原告弁護団の山田正彦さんが主張した、「裁判を受ける権利からも、更新手続きをまず別にやってからでなければ、この先の意見陳述はできない」という主張が了承された形で、弁護団として、次回を更新手続きと、この日予定していた意見陳述の時間を合わせ、2時間の確保を主張したことも認められた結果となりました。

この後、報告集会に議員会館に集まり上記のような入りきれないほどの人の熱気でした。今回で、国側は、公判を打ち切りたい、と言っていたことを、弁護団の闘いで、次回は1月16日の公判、と更新手続きの時間も含め勝ち取ったことに、全体に明るさが見えた会でした。また、17日に都内で行われる、地方自治とTPPについての会のことも話されました。

私の市政報告と意見交換の場でも意見がありましたが、TPPが地方自治体ー特に当面政令市や県などの、公契約条例や、地域振興の条例などには、直接かかわって縛りがあることは、マスコミには全く報じられていません。

TPPには、地元調達禁止、の条項があり、さらにISDS条項=投資家対国家の紛争解決、の条項もあるため、多国籍企業とここに投資する投資家の利益に反する場合、訴えられることがあるのです。仲裁人は多国籍企業の顧問などの弁護士が多く、訴えられた国が負けてしまう事例が増えているのです。条約が国の法律より憲法より、上に置かれ、そのために、地元中小企業振興や、食糧・学校給食の地産地消が破壊される可能性がとても高いのです。

8000ページの条文の2000ページ程度しか、日本語に訳さずに、政府はTPPを無理やり通そうとしている現状をもっと各地から一人ひとりが声をあげストップさせていきたいと思います。

8月 1日(月) 昨日は相模湖の合同追悼会でした

写真.JPG731毎年7月の最後の日曜日に行われる、「相模湖・ダム殉職者合同追悼会」が、昨日ありました。

今年も参加した追悼会は、近隣でもある、津久井やまゆり園のあまりに痛ましい事件で犠牲になった、19名の方たちへの哀悼も重ねての黙とうが提案され、ダム殉職者の方たち83名への想いと合わせ、厳しい、言いようのない哀しい気持ちが共有されながら始まった会でした。

それでも、子どもたちの歌や、独唱、横浜の中華学校校友会の皆さんの舞踊などは、いつもながら素晴らしいと思わされました。

3つの民族を代表してのお話を聴けるのも、この会ならではであり、準備に奮闘されるみなさんには本当に頭が下がります。今年は県議会の議長が参加したこともプラスでしたが、そうなるとやはり、市議会の議長か副議長も参加したらいいのに、と考えてしまいます。

すぐ近くに津久井やまゆり園があることで、私もかつて何度か行った園に思い切って行きましたが、やはりマスコミが多い中で、外から遠目に手を合わせるにとどめました。

犠牲になった方が19名もいらっしゃるのに、お名前を出せない、ということもあり、遺族の皆さんの想いやお話がストレートに報道されない事件の異例な扱いが指摘されますし、だからよけいにメデイアもゆかりの方の声をさまざまに紹介しようとしているのもわかります。一方で、そっとしておいてほしいという、ご遺族の方の想いや、けがをした方のご家族のお気持ちも察するにあまりあると想像できます。

施設関係の仕事をする人からは、施設としての防犯上の不備に首をかしげる、という意見もお聞きしていますし、市と県・施設、との連絡の不十分さもたくさん指摘されています。市には、100件からの苦情が来ていると、先日の民生部会でも報告がありました。当然のことで、その苦情の中身もさまざまだと思います。

まずは、市でやるべきだったこと―措置入院中、もしくは退院時に、両親と本人と退院後の治療・通院についての話をする、などのことはできたはず、と私は考えますし、会派としても一致して部会でも野元議員が質疑をしてくれました。 が、八木課長は真摯な姿勢を持っていることは、受け取れましたが、今一つ納得いく答弁はもらえませんでした。

「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」は「精神衛生法」を改正し、精神疾患を持つ人に福祉の面を加えて寄り添うことも進歩させているものの、まだ措置入院について、その後のケアーなどは法の改正を待つ自治体が多く、市民感覚からは遠いものがあります。

「滑り台社会」と言われるような状況を進める政治の在り方を背景に、非正規の雇用形態が常態化し、正規との違いも大きくなり、職場そのものもブラック化が拡大、ものさしや価値観が、効率やお金に換算できるかどうかなどに単純化され、別の価値観を育てにくい状況にある若い人も増えています。追い詰められ、精神疾患を抱えてしまいやすい状況が作られていると思うのです。加害者の26歳の男性は、特殊な人ではない、と思います。介護職の現場のような、特に今回の施設のように大規模な重度の障がいを持つ方の入所施設では、現場で働く人の配置基準や、待遇を根本的に改善させなければ、余裕をもって長く仕事を続けることが難しい状況であることは、想像できます。生育環境なども含め、いくつかの条件が重なってしまうと、追い詰められて心がおれたり、神経を病んでしまうーその前に仕組みを変えて防げることはできるはずです。自治体行政もそのためにできることがあります。

事件を風化させず、何をすべきかーもっと考えていきたいと思います。

 

 

4月 20日(水) 女性の参政権から70年

写真 2 (1)

写真 2一昨日憲政記念館で開催された、「女性は政治を変えられるか」という研修会に参加しました。

女性が参政権を得て70年の記念と銘打っての会で、市川房江さんの軌跡を受け継ぐ財団が企画していました。女性の国会議員を6名集めたパネルデイスカッションの進行役は、堂本暁子元千葉県知事でした。

糸数けいこさんや、辻本清美さんらとともに、自民の小池百合子さんも出席していましたし、公明の議員も出席されていました。

ただ、最後に小池さんが、憲法について、「憲法が縛っている部分を変えていくことも必要」というような発言をされたことには違和感を強くしました。憲法は権力を持つ政府の閣僚や首相を縛っているもので、国民にとっては、縛るのではなく、代弁してくれているー国民に代わって憲法が監視しているもの、と考えられるからです。安倍政権のお友達なのですから、当然かもしれませんが、こうした発言を聞くと、女性だから増えればいいとも言えない感じもします。

でもやはり、女性の首長ができることや、女性の絶対数がもっと、せめて男女同数になる、とかで変わることもあります。クオーター制の日本版が必要か、という発言は自民さんと公明さん以外からは出ていましたが、そういう仕組みも必要と思うこのごろです。

熊本の地震の災害に不安と眠れぬ夜を過ごす方も多いと思います。本当に日本は地震大国ですし、エクアドルなど、世界的にも地震の活発な時になっています。この状況の中で、オスプレイを飛ばしてわざわざ物資を運ぶようなショックドクトリン的政治は看過できません。ほかにも輸送用ヘリは自衛隊にも、米軍にだってたくさんあるのに、、、です!

同時に川内原発の稼働をストップさせる動きも、今声をあげられる人が挙げていくことも必要です。川内原発から40キロの方からメールをいただきましたが、今原発に何かあっても安全に逃げることは不可能、だと指摘しています。道路事情なども宅配業者も請け負わないような事態にすらなっているようですから充分察せられます。

国も自治体もまずは、一人でも多くの人を救うことと、必要なすべての人に必要な物資を供給できるよう、動き、そのために人々の知恵も借りて力を合わせることでしょう。

 

2月15日(月) 進化する藤野

写真 (5)久々に藤野に行ってきました。昨日は、南町田で、藤野在住の写真家、三宅岳さんの「やま・しごと」をテーマにされた写真を拝見しました。とてもいい仕事をされていることに改めて感動したのですが、そのルーツはやはり「藤野」だとお話を伺ってきたばかりでした。

今日は藤野に仕事で行ったのですが、合わせて、”たんぽぽ”作業所さんでお昼をいただき、新たになった山の「ラブレター」も見ることができました。

藤野在住で、同僚議員の野元さんに案内していただき、短時間ではありましたが、進化する藤野を垣間見させてもらった感じです。

たんぽぽさんのランチもおいしくて、他にも訪ねたい場所、お店いろいろ増えていました。藤野に由来したいろいろな食べ物、作家さんの作品などが所せましと並ぶお土産も、駅の隣に観光案内所を兼ねてできていました。電車では本当に久しぶりに来たことをその変化で実感しました。相模原市が合併したことを評価できるとしたら、良さの一つがここにあります。ここをもっと活かせる市政にできるといいのですが。

都市と中山間地がこうして内在する相模原市ならではの良さを活かしていきたいものです。

2016年 元旦

写真 (2).jpg1.1新年の最初に神奈川新聞の今日の記事を引用させていただきました。 興味ある方は、ネットの「カナロコ」で検索してみてください。このシリーズ「時代の正体」が今度本になったそうです。

すべてを読んでいるかどうかは怪しいですが、政治的に、あるいは自由にモノを言うことを自制的に委縮させるような空気感と、正面からたたかう意志表示をしてきたシリーズだと思います。今日の記事は、大和市議からはじまった、安保法制にストップかけようと行動を続けるママたちの活動への卑劣な中傷について取り上げています。

大和市で起きたことなので、具体例に挙げていますが、他でも起こりうことです。今本当にいろんな場面で問われることが多くあり、あれでよかったか、どうだろうか、と逡巡することもしょっちゅうです。

市議会など特に、ともすれば市民の皮膚感覚から遠くなりがちな場であり、遠くさせるしかけや、雑務に追い立てられまくることがあまりに増えていると実感します。だからこそ、いろんな人にあい、殻を身につけないしかけを自分で沢山作っておくことが必要なのだと思わされます。

せめぎ合うこと、意志表示をそれなりにしていくこと、何となく流されることに掉さすことも、必要な今。新年にあたって今年も硬軟おりまぜながら、前に向かっていきます。

 

 

 

 

 

 

11月4日(水) 先日の要請行動

写真写真2日のキャンプ座間です。この日は、ほかに防衛省、外務省にも行って、市長を会長とする、米軍基地返還等促進市民協議会の理事のメンバーが、1日行動でした。 相模総合補給廠でおきた爆発火災について、その全容がいまだわからないまま、情報が入ってこないことに対し、市長も今回は情報開示について言及、もう一枚の写真の外務省では日米地位協定室の室長と、政務官に対し、地位協定の改定は即できなくとも、運用見直しでもっと立ち入りや情報の開示ができるように、、、といった趣旨のことを重ねていってました。 私もキャンプ座間でのこの副司令官などに対する意見を一言言わせていただきました。補給廠火災の際の、恐ろしさ、そのあとの何の情報も入らない事態にはだれもが同様に苛立っていると思います。 この副司令官の話では、10月29日に、南関東防衛局に火災の調査などについて話をした、ということでしたが、実際にはそのあとの防衛省では、何の報告もなく、政務官が、「中身について確認し、後日外務省とも検討して報告する」という話ことでした。どうもどこでどういう話になっているのか、当事者を除いて、米軍と関東防衛局は話をしているのか、それとも、米軍の話がまったっく具体的でないのか、、などやぶの中が続きます。 5兆円という防衛予算を組む余裕があると思えない日本で、予算はどんどん膨らみ、戦争に向けて法体系を整備していくかのような動きが進みます。でもそれにみあった情報開示もシビリアンコントロールも怪しいと思えてしまうばかりです。

9月 22日(月)シルバーウイーク 晴天

9gatu18kokkai

写真 (1)が安保法制関連法案にストップをかけたくて、何日かかけつけた国会前の18日金曜日の写真で、下は、21日の、「認知症になっても安心して暮らし続けられる街を」つくろうと、開催されてる、2015-RUN伴、の相模原コースから町田~大和~藤沢と走ったり、協力されたりしたみなさんとの記念写真です。町田市役所前です。結構たくさんの方が集まっていました。

安保法制が通った(?)時の無様な特別委員会と、規制をかけて牛歩もちゃんとできないようにした国会の様子は、あまりにも大人げなく、狭量な政権の実態をまた露骨に示しました。これが国と地方政治の劣化を促進させないように行動も監視もこれからです。

19日も20日も国会周辺や都内、また各地でも、行動はやむことなく続いています。18日も19日もここで発言したタレントの石田純一さんには、私はとても見直してしまいましたし、行動に参加する人の輪は各層に広がりを増している感じです。

創価学会の署名を今回初めて私も国会まえで協力しましたが、この署名を集めて公明党にもっていった方が18日、発言されていました。これも勇気ある発言だと思います。選挙に行動が活かされていくようにしたいですね。

9月議会と重なってのドタバタの時期ですが、本当にいろんなことがあります。RUN伴2015、は初めて走ってみましたが、とても気持ち良かったですし、淵野辺から大野まで5~6キロをバイクの伴走とともに走ってこられた方にはただ尊敬です。私たちは2キロ弱ですが、女性3人と若い男性1人で、オレンジTシャツがなかなか目立ったかと思います。

認知症について、だれもが当たり前に知り、当たり前にどこにいても暮らしていけるようになってほしい、と本当に思います。この取り組みがすごいと思うのは、介護職の仕事や認知症に対するイメージも変えてくれているし、コミュニテイの真ん中に介護の現場を持っていこうとしていること、それがとても自然で、みなさんが楽しそうにできていることです。

走る身には晴天でほっとした「シルバーウイーク」でした。これも最近知ったのですが。連休明けはまだ議会、緊張をとけません。

9月 1日(火) 補給廠爆発火災と安保法制ストップ国会包囲

写真写真の爆発火災から1週間になりますが、今も原因がわかっていません。27日には米軍側からの、とっても丁寧な異例の要請文書が市の消防局充てに来て、同行調査をしたようですが。この文書が「卓越した実績と防災知識」のある市の消防局の協力が求められる、というようなへりくだったもので、キャンプ座間内の管理本部司令官の名前で来ていました。

安保法制ストップの行動が、一昨日12万人の人が国会を包囲するところとなり、私も国会行きましたが、身動きとれない歩道で雨の中なのに傘をさすこともできない状況に、「車道を開放してー!」という声があちこちで上がっていました。いち早く国会正門前からの坂道になる車道は開放されて、人が瞬く間に歩道からここに集まっていたようでした。私は結構歩道上で気分悪くなりそうな感じでいましたが、この歩道も複数の人が声を上げて、結局隙間から少しずつ車道を開放しました。

ここに象徴されるような与論に敏感なのは、日本政府より米軍なのではないか、と思います。それが、先のような文書を作らせたのではないか、と思うのです。

それならやはり、地位協定によらず、基地の倉庫内に何がどれだけあるのか、公表してもらいましょう。市や県が今を逃さず、国に頼らずに、米軍側に直接交渉をして、市民の安全を守るためには何があるのか、詳細な報告を求めて、原因究明とセットで、話すことではないか、と考えます。今回の爆発は、特に周辺に住む人には恐ろしい恐怖を与え、「60年生きてきてこれほど怖い思いをしたのは初めてだ」とおっしゃる方もいました。何があるかわからないから、水をかける消火活動はできない、と6時間も見ているしかなかった消防もですが、そんな状況も知らない近隣の住民にとっては爆発音が続く中での燃え盛る炎を見続ける恐怖はすさまじいと思います。

こんなことが二度と起こらないためにも住民の安全を守る仕事を自治体として、米軍に迫ってほしいものです。