11月 29日(土) 小規模多機能~医療と介護の連携公開研修会終えて

DSCN0474昨日開催した、「医療と介護の連携~地域で暮らす~」とした公開研修会=シンポジウムのような会の模様です。

市内で小規模事業所として、先進的に在宅を支えるケアを取り組んでこられた、「すきっぷ」さん、小規模多機能の先駆的事例の、藤沢の「あおいけあ」=「おたがいさん」、そして北里大学病院の新たなサポートセンター長として赴任され、コーデイネートをされてる小野沢ドクター。

それぞれのお立場から、事例発表と、今後に向けてのお話をしていただきました。

会場は80名くらいの方で、熱気で暑く感じました。写真は小野沢ドクターですが、統計的に人口の変化で地域の年齢層の変化、これに対応する人材と介護などをどうしていくか、重い現実と課題をわかりやすく話され、地域密着型の仕組みづくりしかない、と話してくださいました。

市の介護保険課、高齢政策課など来てくれたことも良かったと思います。とにかく早い手を打っていかないと間に合わない、と危機感を持っている私には、どうしても取り組まなければならない課題の大きな一つです。

いろんな方が助けてくださいましたこと、ありがとうございました。まだまだこれからです。仕組みづくりを一緒にやっていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>