hase-kumi のすべての投稿

6月 11日(日) 代表質問終わりました!

FullSizeRender (2)6月8日と9日が代表質問でしたが、私は8日の最後でした。 翌翌日の10日に、神奈川新聞さんが書いてくれた記事です。 今回は大きく9項目の質問をしましたが、その一つが、5月の20日、21日22日の3日間、深夜にまで及んだ米軍機の訓練のことです。 禁止されている、夜10時以後の訓練には、私も日曜月曜と、苦情をいただきました。その間の市に寄せられた苦情電話の本数のこと、市長が米軍に対し、直接抗議をすることなども求めました。また、あの訓練は何だったのか?ということもどう照会しているか、を問いました。

市としては、やはりあくまでも「県や厚木基地周辺市と連携して」要請や抗議をしていく―。という答弁でした。南関東防衛局に周辺市と県を通じて要請と照会をしているということですが、回答はやはり、ない、と。

騒音への苦情は3日間で63件、ということは、土日の夜間も守衛室で対応している、ということです。守衛さんは大変だったと思います。電話がつながらないということもあったでしょうし。 市として夜間に行われた訓練は何だったと考えるか、という問いには、  「洋上着艦訓練(資格取得訓練=CQ)だったのではないか」と答弁しました。

米軍用機の訓練について、あまりにも日常化されてきていることに嫌悪と憤りをもちます。今日はヘリコプターの音が断続的にずっとしていました。ヘリは岩国に艦載機が移駐しても続くだろうし、やはり軍用機の被害は拡大していくだけです。

今回、綾瀬と大和の両市長が直接抗議したことは、異例のこととしてかつ、基地がある当該の市だから大目に見られる、というような答弁もありました。が、日本の自治体の首長がもっとそれぞれに声を出していっていいんじゃないか、必要なのではないか、という気がしてます。

あまりにも従順かつ、国を頼りにしすぎているような。自治体の首長でなければ、リアルタイムで市民の被害に向きあうこともできないでしょう。

代表質問は他に、下水道のポンプ場の耐震補強工事のこと、東林間駅近いところに計画されている、マンション建設「東林間プロジェクト(仮称)」のことにみる、市の条例の矛盾と課題、公民館の有料化を導入しようという問題について、、、などです。詳細について関心のある方は、市議会のホームページから録画なども見られると思います。

 

 

5月9日(火) 共謀罪ストップを!

写真 2日本の政治劣化が著しい。国会が国民の知る権利も担保出来ていない。今日の新聞に、閣議決定もどんどん軽くなっているとあった。写真は昨年参加した憲政記念館での婦人参政権の70年を記念したシンポジウムの時のもの。

経済的に、正規雇用者が減少し非正規雇用のパート、アルバイト、派遣、役所では任期付短時間勤務雇用などという非正規のカタチも出て来てくるような非正規何でもありの規制緩和が進められてきた。一つの仕事で充分に生活できるかがとても心許ない状況がつくられ、そして消費税増税ー豊かな中間層が崩されて来て二極化が進む中で、特定秘密保護法、安全保障関連法制が強行され、今度は共謀罪。

一定の厚い層として経済的にも比較的豊かな中間層がいて、日本の民主社会が形成され、政治的にも絶妙なバランス感覚が機能して来たと思う。それが崩されて来た2000年代始めの小泉政権下の市場経済原理主義の色濃くなった時も、3回上程されながら3回とも世論が廃案 にした共謀罪を今安倍政権がまた出してきた。

市民を取り締まりの対象にしようということも、刑法のあり方を根底から覆し、行為も事実も無いところで犯罪に問うことが出来るなど、絶対に認めてはならないと思う。

取り締まりや監視社会で暴力の連鎖(テロ)を無くすことは出来ない。貧困と孤立化を防ぐ政治と社会のあり方を目指していくところから暴力を排除して行けるはず。そっちで行きたいと本当に思う❗️

4月 6日(木) 復興大臣の責任は?

4月6日東京新聞今日の東京新聞と、下は神奈川新聞の記事です。この発言が責任を問われないのなら、「大臣」という仕事自体の意味がなくないですか??

国策で進めてきた原発の事故の責任について、実は自民党政権になってから、一度もきちんと釈明されたことないと思うのですが。

加害と被害でいえば国は加害者です。避難せざるを得なかった人々は、被害者なのですが、そこのところわかっていらっしゃらない。新電力の加入世帯にも原発の事故の責任を負わせるような負担をさせることも納得できないし、国の原発推進は、のど元すぎるのを待ち、忘れさせようというのでしょうか。

住宅も避難先も確保すべきが本来の国政府の仕事です。国や福島県のいわば体裁やカタチを維持するために、無理に帰らされ、小学校に通う子供たちは、2011年の事故の前なら避難しなければならない量の放射能に被ばくさせられても仕方がない、とするのでしょうか。

過日、カナダ在住の日本の方が、「カナダは人道主義の国だから、、」とおっしゃっていましたが、日本の政治には人道主義の概念はもうないのでしょうか―。

 

 

3月20日(月祭) お彼岸ですがおとといの記事を―!

写真 (3)一昨日の朝日新聞さんの記事です。最近朝日さんあまり人気ないですが、私は読んでる一人です。昨日の岩国の記事に喜んで先にあちらをあげましたが、これも外せません。

2002年に「地震調査研究推進本部が策定した長期評価」「太平洋の三陸沖北部から房総沖の日本海溝でマグニチュード8クラスの津波地震と同等の地震が30年以内に20%程度、50年以内に30%の確率で発生すると推定していた」と引用し、東電が「2008年5月には実際に予見していた」として、実際の「回避措置をすることは容易だった」、と判決は明言しています。

同時に、国の「規制権限を適時適切に行使して、原子力災害の発生を未然に防止することが強く期待されていた」「国は遅くとも(2007年8月ごろ)同月ごろには、規制権限を行使して、東電に結果回避の措置を講じさせるべきだった」「権限行使しなかったことは、原子炉規制法や電気事業法の趣旨、目的やその権限の性質に照らし、著しく合理性を欠き、国家賠償法の適用上違法だ」と断じています。

認めた賠償額は少ないですが、国の責任を指摘して、不作為に対し法的な判断を下し、賠償を認めた意味は大きいと思います。最近、横浜地裁の、海老名市への判決以外は、司法に落胆続きでしたから、この判決にほっとしました。

少なくとも国と東電に、事故は防げた、と明言した判決が確定してくれるなら、原発の安易な運転再開に多少良い影響があるのではないでしょうか。期待したいですが。

3月 19日(日) 神奈川新聞で連載開始!

写真本日の神奈川新聞1面です。神奈川新聞ががんばっています。厚木基地から岩国への空母艦載機移駐問題での連載記事の1回目。

岩国は、1954年に米海軍が、1956年からは海兵隊も移駐し、58年からは海兵隊が基地の主導権をとり、62年からは名称を「米海兵隊岩国航空基地」とした、と岩国市発行の資料にあります。

オスプレイが最初に岩国にみられたのが、2012年の7月。沖縄の普天間に配備するオスプレイ12機を岩国に陸揚げした、とあります。そして岩国から、10月に普天間に移動。2013年にも、同じく12機のオスプレイがまず岩国に陸揚げ、そこから普天間に移動。沖縄の普天間と岩国がセットになっていることがここでもわかります。普天間基地から、KC- 130空中給油機が移駐してきてもいます。

7.9㎢もの広大な基地面積を持つ岩国が、今後ますます要塞化していくことを、岩国の市民や隣接する、広島県廿日市市の市民など瀬戸内海周辺の市民が非常に危惧しています。現在の岩国市長は厚木基地からの移駐も容認し、国の基地交付金などの財源を確保すること、基地による経済活性化を進めようという立場です。

しかし、海軍と海兵隊の航空基地ですから、騒音問題は周辺の住民からの苦情にも苦慮しているようで、農耕、漁労の阻害という面もあり、臨海部を中心に騒音苦情地域は広がっている、と資料にも記載しています。海で生業を営む人々、観光を営む人、観光客、こうした地域に艦載機の移駐がはたしてどれほどの被害を及ぼしていくのか、想像するだけでなぜ移駐を認めるのか理解できません。

基地の容認が基地の強大化になり、軍人軍属や家族を含め、5700人を超える基地人口になっています。一方で、岩国に艦載機が移駐するからといって、米軍基地全体は縮小するどころか、ヘリコプターの訓練、飛行回数、時間の拡大など基地機能はますます強化していると思われます。オスプレイのヘリパッドが建設中の沖縄県東村高江、名護市辺野古沖、沖縄の基地の拡大もひどいもので、日本への沖縄復帰時に28000㌶からわずか5000㌶しか面積も削減していない状況が沖縄の人々をわじわじさせます。

岩国市への艦載機の移駐、受け入れは、日本全体での基地縮小に結局は逆行していくことになるのではないでしょうか。厚木基地の周辺に暮らす私たちは、基地を縮小させることを望むのであって、日本国内への移駐はやはり基地を拡大させることにつながる、と認識し、安易な移駐にはノーを表明していくべきと改めて思うのです。

米軍基地再編は、沖縄をはじめ、各地で移設、移駐を条件に進められてきています。70%を超える基地負担を押し付けられる沖縄の痛みを全国で分け合うべき、は日米安保条約の基地負担を前提にしての理屈としてはありますが、本来、安保条約の中身を見直すこと、地位協定を改めることなど含め、沖縄の基地撤去の行動を全国区にしていくことが実は今の日本に必要なことではないか、と思いを強くするのです。

 

3月16日(木) 岩国も沖縄も

写真写真 (2)米海兵隊岩国基地への空母艦載機の移駐に反対して行動されている、瀬戸内ネットの方が、Facebookで知らせてくれたのが、上の写真=中国新聞の記事です。岩国基地への空母艦載機部隊と、夜間離着陸訓練(NLP)に反対する意見書を、隣接する広島県の廿日市市議会が採択した、という記事です。

米海兵隊の岩国基地は山口県岩国市の海沿いに、航空基地としてつくられています。(下の写真) 意見書は艦載機移駐が進むと、岩国の基地が極東最大級の航空基地に変貌するとし、廿日市市でも騒音や墜落事故の危険性といっ他影響が「計り知れない」としています。そして「住民生活に多大な不安を強いることは市議会として断じて容認できない」としています。こうした決議は2回目だそうですが、やるねー廿日市市議会!!

25対3で意見書が可決された、という廿日市市は、広島の世界遺産、厳島神社のある宮島を有しています。岩国基地が航空基地として海に突き出るように作られており、ここに入ってくる戦闘機も宮島上空も含む、廿日市市や近隣の自治体上空を飛ぶことが想定されるのです。観光の島宮島にとっても、平和都市広島にとっても看過できないと思います。こうした決議が広がってほしいと思います。

オスプレイも目撃される岩国基地に、昨年行った際、とった写真ですが、その時に瀬戸内ネットの方たちともお話でき、案内もしていただきました。岩国基地が拡張され、強大な軍事基地として沖縄とともに海兵隊の拠点となっていることに改めて脅威を感じました。

私たちは岩国に神奈川の厚木基地から空母艦載機を移駐させることに同調してはいけない、と思います。

岩国と厚木も、沖縄県内の米軍基地の統合再編も、沖縄への基地の過重な負担押しつけも、市民への分断であり、基地全体は強化拡張されることになります。今日は夜、沖縄の高江のオスプレイヘリパッド建設について告発する、DVDも見てお話も聞く会もありました。沖縄も岩国も米軍基地をこれ以上作らせる必要はありません。分断されるのでなく、基地そのものを縮小させ、撤去させる、前向きにとりくみたいです。

11月 16日(水) もう12月議会ですが、地方自治も壊しかねないTPPストップを!

%e5%86%99%e7%9c%9f14日の東京地裁前です

%e5%86%99%e7%9c%9f-114日の月曜日、朝の駅頭を終えて、東京地裁の「TPP差し止め違憲訴訟」の会の第6回公判を傍聴に行きました。

裁判の傍聴は珍しくないのですが、東京地裁はだいぶ前に来たきりで、100名を超える傍聴者が集まっていて、103法廷は抽選ということで、整理券が配布されました。

上は地裁前、下が終わったあとの国会での報告集会です。

抽選で私も傍聴できたので、裁判のこと書いておきたいと思います。まず、のっけから、裁判長が交代し、今回から女性の裁判長になったということでした。しかし弁護団にも事前に知らせがなく、法廷が開かれ、裁判長が、この日予定されていた原告側の意見陳述を求めたのに対し、原告弁護団の弁護士は、「裁判長がかわったことをいきなり知らされた以上、まずは、民事訴訟法292条にのっとり更新手続きを別にとってこれまでの訴訟についてまとめの陳述することが先」と主張しました。

ここで、何度かやりとりがあり、国側の被告側弁護士が「こちらは更新手続きは住んでいる」と考えるという発言もありましたが、最終的に、原告弁護団の山田正彦さんが主張した、「裁判を受ける権利からも、更新手続きをまず別にやってからでなければ、この先の意見陳述はできない」という主張が了承された形で、弁護団として、次回を更新手続きと、この日予定していた意見陳述の時間を合わせ、2時間の確保を主張したことも認められた結果となりました。

この後、報告集会に議員会館に集まり上記のような入りきれないほどの人の熱気でした。今回で、国側は、公判を打ち切りたい、と言っていたことを、弁護団の闘いで、次回は1月16日の公判、と更新手続きの時間も含め勝ち取ったことに、全体に明るさが見えた会でした。また、17日に都内で行われる、地方自治とTPPについての会のことも話されました。

私の市政報告と意見交換の場でも意見がありましたが、TPPが地方自治体ー特に当面政令市や県などの、公契約条例や、地域振興の条例などには、直接かかわって縛りがあることは、マスコミには全く報じられていません。

TPPには、地元調達禁止、の条項があり、さらにISDS条項=投資家対国家の紛争解決、の条項もあるため、多国籍企業とここに投資する投資家の利益に反する場合、訴えられることがあるのです。仲裁人は多国籍企業の顧問などの弁護士が多く、訴えられた国が負けてしまう事例が増えているのです。条約が国の法律より憲法より、上に置かれ、そのために、地元中小企業振興や、食糧・学校給食の地産地消が破壊される可能性がとても高いのです。

8000ページの条文の2000ページ程度しか、日本語に訳さずに、政府はTPPを無理やり通そうとしている現状をもっと各地から一人ひとりが声をあげストップさせていきたいと思います。

8月 1日(月) 昨日は相模湖の合同追悼会でした

写真.JPG731毎年7月の最後の日曜日に行われる、「相模湖・ダム殉職者合同追悼会」が、昨日ありました。

今年も参加した追悼会は、近隣でもある、津久井やまゆり園のあまりに痛ましい事件で犠牲になった、19名の方たちへの哀悼も重ねての黙とうが提案され、ダム殉職者の方たち83名への想いと合わせ、厳しい、言いようのない哀しい気持ちが共有されながら始まった会でした。

それでも、子どもたちの歌や、独唱、横浜の中華学校校友会の皆さんの舞踊などは、いつもながら素晴らしいと思わされました。

3つの民族を代表してのお話を聴けるのも、この会ならではであり、準備に奮闘されるみなさんには本当に頭が下がります。今年は県議会の議長が参加したこともプラスでしたが、そうなるとやはり、市議会の議長か副議長も参加したらいいのに、と考えてしまいます。

すぐ近くに津久井やまゆり園があることで、私もかつて何度か行った園に思い切って行きましたが、やはりマスコミが多い中で、外から遠目に手を合わせるにとどめました。

犠牲になった方が19名もいらっしゃるのに、お名前を出せない、ということもあり、遺族の皆さんの想いやお話がストレートに報道されない事件の異例な扱いが指摘されますし、だからよけいにメデイアもゆかりの方の声をさまざまに紹介しようとしているのもわかります。一方で、そっとしておいてほしいという、ご遺族の方の想いや、けがをした方のご家族のお気持ちも察するにあまりあると想像できます。

施設関係の仕事をする人からは、施設としての防犯上の不備に首をかしげる、という意見もお聞きしていますし、市と県・施設、との連絡の不十分さもたくさん指摘されています。市には、100件からの苦情が来ていると、先日の民生部会でも報告がありました。当然のことで、その苦情の中身もさまざまだと思います。

まずは、市でやるべきだったこと―措置入院中、もしくは退院時に、両親と本人と退院後の治療・通院についての話をする、などのことはできたはず、と私は考えますし、会派としても一致して部会でも野元議員が質疑をしてくれました。 が、八木課長は真摯な姿勢を持っていることは、受け取れましたが、今一つ納得いく答弁はもらえませんでした。

「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」は「精神衛生法」を改正し、精神疾患を持つ人に福祉の面を加えて寄り添うことも進歩させているものの、まだ措置入院について、その後のケアーなどは法の改正を待つ自治体が多く、市民感覚からは遠いものがあります。

「滑り台社会」と言われるような状況を進める政治の在り方を背景に、非正規の雇用形態が常態化し、正規との違いも大きくなり、職場そのものもブラック化が拡大、ものさしや価値観が、効率やお金に換算できるかどうかなどに単純化され、別の価値観を育てにくい状況にある若い人も増えています。追い詰められ、精神疾患を抱えてしまいやすい状況が作られていると思うのです。加害者の26歳の男性は、特殊な人ではない、と思います。介護職の現場のような、特に今回の施設のように大規模な重度の障がいを持つ方の入所施設では、現場で働く人の配置基準や、待遇を根本的に改善させなければ、余裕をもって長く仕事を続けることが難しい状況であることは、想像できます。生育環境なども含め、いくつかの条件が重なってしまうと、追い詰められて心がおれたり、神経を病んでしまうーその前に仕組みを変えて防げることはできるはずです。自治体行政もそのためにできることがあります。

事件を風化させず、何をすべきかーもっと考えていきたいと思います。

 

 

4月 20日(水) 女性の参政権から70年

写真 2 (1)

写真 2一昨日憲政記念館で開催された、「女性は政治を変えられるか」という研修会に参加しました。

女性が参政権を得て70年の記念と銘打っての会で、市川房江さんの軌跡を受け継ぐ財団が企画していました。女性の国会議員を6名集めたパネルデイスカッションの進行役は、堂本暁子元千葉県知事でした。

糸数けいこさんや、辻本清美さんらとともに、自民の小池百合子さんも出席していましたし、公明の議員も出席されていました。

ただ、最後に小池さんが、憲法について、「憲法が縛っている部分を変えていくことも必要」というような発言をされたことには違和感を強くしました。憲法は権力を持つ政府の閣僚や首相を縛っているもので、国民にとっては、縛るのではなく、代弁してくれているー国民に代わって憲法が監視しているもの、と考えられるからです。安倍政権のお友達なのですから、当然かもしれませんが、こうした発言を聞くと、女性だから増えればいいとも言えない感じもします。

でもやはり、女性の首長ができることや、女性の絶対数がもっと、せめて男女同数になる、とかで変わることもあります。クオーター制の日本版が必要か、という発言は自民さんと公明さん以外からは出ていましたが、そういう仕組みも必要と思うこのごろです。

熊本の地震の災害に不安と眠れぬ夜を過ごす方も多いと思います。本当に日本は地震大国ですし、エクアドルなど、世界的にも地震の活発な時になっています。この状況の中で、オスプレイを飛ばしてわざわざ物資を運ぶようなショックドクトリン的政治は看過できません。ほかにも輸送用ヘリは自衛隊にも、米軍にだってたくさんあるのに、、、です!

同時に川内原発の稼働をストップさせる動きも、今声をあげられる人が挙げていくことも必要です。川内原発から40キロの方からメールをいただきましたが、今原発に何かあっても安全に逃げることは不可能、だと指摘しています。道路事情なども宅配業者も請け負わないような事態にすらなっているようですから充分察せられます。

国も自治体もまずは、一人でも多くの人を救うことと、必要なすべての人に必要な物資を供給できるよう、動き、そのために人々の知恵も借りて力を合わせることでしょう。

 

2月15日(月) 進化する藤野

写真 (5)久々に藤野に行ってきました。昨日は、南町田で、藤野在住の写真家、三宅岳さんの「やま・しごと」をテーマにされた写真を拝見しました。とてもいい仕事をされていることに改めて感動したのですが、そのルーツはやはり「藤野」だとお話を伺ってきたばかりでした。

今日は藤野に仕事で行ったのですが、合わせて、”たんぽぽ”作業所さんでお昼をいただき、新たになった山の「ラブレター」も見ることができました。

藤野在住で、同僚議員の野元さんに案内していただき、短時間ではありましたが、進化する藤野を垣間見させてもらった感じです。

たんぽぽさんのランチもおいしくて、他にも訪ねたい場所、お店いろいろ増えていました。藤野に由来したいろいろな食べ物、作家さんの作品などが所せましと並ぶお土産も、駅の隣に観光案内所を兼ねてできていました。電車では本当に久しぶりに来たことをその変化で実感しました。相模原市が合併したことを評価できるとしたら、良さの一つがここにあります。ここをもっと活かせる市政にできるといいのですが。

都市と中山間地がこうして内在する相模原市ならではの良さを活かしていきたいものです。